三鷹の美容室シャンティ ESSENSITY エッセンシティ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
先日に、日比谷パティオなるところにいってまいりました。


日比谷駅徒歩1分、有楽町の駅から4~5分


オフィス街のど真ん中にひっそりとでも主張しながらたたずんでいます。

日本のアートの先君者ではないかとおもいます。

オフィス街に・・・って感じです。

そこでおこなわれていた展覧会

「テオ・ヤンセン展」に行って参りました。

そこはアートとかそういうものではない気がします。

学問?美術? 生きがい?

なんか全てが気持ちが良いくらいに融合していました。

写真も撮れて、体験もできる。



テオ・ヤンセン : プロフィール
テオ・ヤンセンは1948年、オランダのスヘーヴェニンゲンに生まれる。デルフト大学で物理学を学び、1975年に画家となる。1990年からアニマリ(ビーチアニマル)を作り始める。2006年には、彼の作品を使用したBMWのCMが南アフリカで放映された。


Theo Jansen : Profile
Theo Jansen was born 1948 in Scheveningen, Netherlands. He studied physics at University of Delft, and became a painter in 1975. He starts developing Animari (beach animals) in 1990. The BMW commercial featuring his art was televised in South Africa in 2006.


展覧会紹介
1990年から、テオ・ヤンセンは新しい命の形 「ビーチアニマル」を製作しています。ビーチアニマルはこれまでの生命体とはちがい、タンパク質ではなく別の基本要素からできています。その基本要素とは黄色のプラスティックチューブで、そこから作られた骨組みは歩くこともできます。ビーチアニマルたちはエネルギーを風から取りこむので、普通の動物のように食事をとる必要がありません。彼らは長い時間をかけて進化し、嵐や海水にも耐えることができるようになりました。テオ・ヤンセンの究極の願いは、この動物たちの群れを浜辺に放すことです。彼は神が行った生命の創造を真似することで、神が直面したさまざまな問題を体験し、自然とより賢く付き合う方法を探しているのです。
本展覧会はヤンセンが神として歩んだ経験の証です。神として生きるのは楽ではありません。がっかりすることもたくさんあります。しかし、物事がうまくいくという数少ない出来事が起こったとき、神であることが世界で最も素晴らしいことだと思えるのです。


HP参照

テオ・ヤッセン展HP


展覧会場写真。


サ-モセラピー


サーモセラピー

サーモセラピー

サーモセラピー







テオ・ヤッセン展HP


この美容雑誌で特集が組まれています。
動画も配信中。ハービー山口さんの撮影風景。
+ING HP



ブログランにキングに参加してます良かったらお願いします。クリッククリック!!





スポンサーサイト

2009.03.25 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。